ローンいくらまで

疑問!ローンいくらまで借りられる

 住宅ローンいくらまで借りられるか?いくらまで借りていいものか?って、気になったことありませんか?もちろん、年収によって借りられる範囲は変わりますけども、めいっぱい借りると後が大変ですよね。月々の返済額を考慮しておかなければなりません。基本的には、無理なく返済出来る目安として年間の総返済額は年収の25%以下であることとされています。出来れば20%以下にするのが望ましいそうです。つまり、年収が400万円の人ならば80万円以下が理想的ってことですね。

 毎月、節約すればもっと返せるって思うかもしれませんが、日々生活していくと何があるか分かりませんし、今の経済状態が完済時まで必ずしも続くと保証されているわけでもありません。特に、今のようなご時世では。実際、住宅ローンを組んで家を買ったのに、リストラされたり給料が激減したりして月々の返済が出来なくなり、結果的に家を手放したなんて人も結構多いらしいですし。今のご時世は、先にも書いたように特に多くなっていると聞いたことがあります。不況ですから。

 とにかく、何度も書くようですが現在の経済状態でぎりぎりの返済を想定しておくと、ちょっとでも給料が下がったりすると返していくことが難しくなるので、なるべく余裕をもって計算しておくべきでしょう。急な出費がないとも限りませんし。今、共働きの人の場合、どちらかが仕事を止めてしまうという可能性もありますし。それに、家を持てば固定資産税、都市計画税などがかかりますし、マンションならば管理費、修繕積立金などが、一戸建てならばリフォーム費用がかかりますから、意外に長い目で見るとお金ってかかるものです。

 子供が大きくなれば、その為の費用もかかりますし、病気になった時のことを考えて備えも必要でしょう。冠婚葬祭の突発的な出費もあります。そう考えていくと、毎月返済額が経済的にぎりぎりにしておくのが危険だっていうのが分かってもらえると思います。ちなみに、借りる時に夫婦の年収を合算して借り入れを検討する場合は、配偶者の合算額にご注意を。金融機関によってはく配偶者の収入の半分しか合算してくれないところもあります。更に、合算することによる融資額っていうのは金融機関によって違いがあるので、それも気をつけてください。これはよく言われることですが、住宅ローンにおいては、いくらまで借りられるのかっていうことよりも、いくらまでなら返せるのかっていうことを基準に考えるべきです。

ローンについての関連サイトはこちら

みずほ銀行カードローン審査通る?申し込み即日融資!【金利高い?】
みずほ銀行カードローンは審査が厳しいの?
そんな不安を抱いている方は必見!審査に通るコツが紹介されています。
xn--lck0c6eya6bc8308ekguaep0ejlva.rdy.jp/

ローン一本化審査甘い?おまとめ危険?【おすすめの銀行一覧】
ローン一本化とは、多重債務を一つにまとめて低金利化、支払いのおまとめをすることで負担を減らしつつ返済していこうという解決法です。借り入れ件数を減らす効果の大きさをこちらでチェック!
www.palmation.com/omatome/

関連リンク

疑問!ローンいくらまで借りられる
住宅ローンいくらまで借りられるか?いくらまで借りていいものか?って、気になったことありませんか?もちろん、年収によって借りられる範囲は変わりますけども、めいっぱい借りると後が大変ですよね。
審査が通り易い分、金利や手数料は高め
郵貯も住宅ローンを提供していますが、これは住宅ローンという事業を行っているということではなく、仲介業務をしているということなんです。他の住宅ローンを提供しているところとは、ちょっと違うってことです。
3ヶ月以上で延滞情報として記録される
ローン審査の時には延滞記録っていうのは、重要なチェック情報になります。この延滞記録は情報交流があるので、全ての機関が情報共有していると考えてもいいと思います。
連帯債務者であるというデメリット
親が高齢の時点で住宅ローンを組む場合には、確かに有効な方法の1つなんですけども、デメリットもあります。子供は連帯債務者となり、その子が別にローンを組みたい、借り入れをしたいという時には既に借金をしているということになるので、審査が厳しくなったり、借り入れ額によっては審査が通らなかったりするかもしれません。
期限の利益とは債務者の権利のこと
期限の利益と債務者の権利について。期限の利益とは債務者の権利のことです。ローンやリースなどの契約においては期限が到来するまでは債務を履行することを請求されることはないという権利のことです。
支払いの優先度が劣るローン
劣後ローンっていうのは、他の特定債権、もしくは一般債権よりも支払いの優先度が劣るローンのことです。だから「劣後」っていうんです。
○回までは支払い額の増減が出来る
○回までは支払い額の増減が出来るっていうのが特徴です。今は、もっと自由度が上がって便利になっているとおもいますけども。
借り入れ先を纏めてしまった方が得
銀行によっては、まとめローンに非常に積極的なところもあるので、審査が心配って人は、より積極的な銀行を探した方がいいかもしれません。そもそも、まとめローンの審査っていうのは通常のローン審査よりも会社が慎重になることが多いので、必然的に審査ラインも厳しくなるということが考えられますから。
低金利ということだけに注目しない
銀行系ローン、ディーラーローン、フリーローンといったところでしょうか。それぞれ特徴が違います。銀行系は2〜3%程度でローンが組めるという魅力がありますが、審査も厳しいです。